歌舞伎のお話 

2013, 02. 17 (Sun) 16:25

いまさらな感もなきにしもあらずですが

市川団十郎さんのご冥福をお祈りいたします。



白血病と悪性リンパ腫

兄弟みたいな関係の病気です。
ザックリというと細胞がどの段階でガン化するかという事です。

私がこの病気になった時、参考になったのは同病の方のブログと
大病を克服して社会復帰を果たした団十郎さんの様な方の活躍でした。

舞台を見に行けなくても、出演されていれば、お元気で頑張っているなぁ
と勇気を頂きました。

新歌舞伎座の舞台から睨まれてみたかった。




そんな中、先輩方の訃報に接し、伴侶を得て難局を乗り切っていこうと
婚約を発表した菊之助さん。
やっと今日、YouTubeで会見の抜粋を見られました。

初々しいお二人ですね。
真面目そうな菊之助さんと控えめな感じのする瓔子さん。

おめでとうございます。お幸せに!



YouTubeで検索をかけていたら先日観た「極付幡随長兵衛」の映像を見つけました。
主演は萬屋 錦之介さんです。

1997年に亡くなっていて、その数年前の舞台だそうです。


2本ありますが、興味のある方は、御覧になって下さいね。










どちらかお一つポチッとしてくださるととても嬉しいです~

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

2月の歌舞伎 

2013, 02. 13 (Wed) 23:08

今日は日生劇場で上演中の歌舞伎へ行って来ました。


関東地方は火曜日の夜から雪かも、と天気予報で言っていたので着物を諦めて洋服にしました。
まあ、朝になったら雨上がりで良い天気でしたけどね。

でも、着物で行かなくて良かったですよ~


なぜ?








舞台のチケットは高いので、出来るだけ安く観ようと努力?してます。

どうしても観たい舞台は貸し切り公演を狙う。

観たいなぁ~、と思う舞台は、上演が始まるとチケットサイトから少し安く販売されるので
基本はそれを購入します。
いつもあるとは限らないので観られない時もあります。

あとは、そのサイトからお知らせが来て、面白そうだと思えばチケットを取ります。

今回もそのようにして取ったので、チケットは劇場渡しで事前に席は分かりません。

いつも、S席を購入しても1階の後ろだったり、2階席だったり。

今日もそんなだろうと思って、貰ったチケットを見てみたら






なんと



なんと




XA列でした。





一番前ですよ。端から4番目位でしたけどね。






はっきり言って見にくい席です。
目線より上に舞台があるし、首はずっと中央の方向へ曲げてなきゃいけないし。
奥や端の方が見えないし。

でもね、役者さんの息遣いまで分かるんです。
いつも後ろの方から観ると縮小された人の姿ですけど、等身大ですよ!

こんな席が安くて良いの?

前の席が空いているのは役者さん達に失礼ですけど、それにしても、って感じでした。

平日の昼の部でしたけど、そんなに空席は目立たなかった気がします。
でも、この席だった。


いや~~~~、楽しかったです!

前だとセリフもはっきり聞こえるし、演者に合わせて三味線を弾いているのがよくわかるし。

昨年8月に舞台から落ちて大けがをした染五郎さんの復帰の舞台でした。




口上 松本幸四郎

義経千本桜 吉野山
  
新皿屋舗月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)




帰りは日生劇場から東京駅まで歩いて大丸で着物を見て来ました。



心と目の保養の1日でした。





なぜ、着物着ないで良かったかというと、前の方に座っている方って素敵な着物を着てる方が多いんですよ。お高そうな訪問着に袋帯とかね。
今日は小紋に名古屋帯で行くつもりだったので、ちょっと恥ずかしい思いをしたかな、なんてね。

どちらかお一つポチッとしてくださるととても嬉しいです~

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

ゴロちゃんのその後 

2013, 02. 06 (Wed) 22:58

お婿へ行って、無事に暮らしているでしょうか。


初日こそベットの下に隠れて様子をうかがっていたらしいですが、
その後は安心できる所だと分かったようで、もうゴロゴロしっぱなしだそうです。

獣医さんへ行ってワクチン打ってもゴロゴロ。
寝ているお姉さんの頭や身体に乗ってゴロゴロ。
お友達が来てもゴロゴロ。

お家に帰ると飛びついてくるそうです。

こんなのろけ話、嬉しくも羨ましい~




二人の幸せな様子が目に見えるようです[#IMAGE|S53#]






ずっと探しています。名前はチョコです。里親さまのお宅からいなくなってしまいました。










多くの方の目に留まりますように
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

どちらかお一つポチッとしてくださるととても嬉しいです~

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

阿蘇旅行の続き2~4日め 

2013, 02. 05 (Tue) 23:00

いまさらな感じもしますが、一応メモという事で。

足が痛くなってもくまを見て、その後「にゃんこハウス」へ。
家に沢山猫がいるのに、なぜ旅行に来てまで猫を見るのか、と思ってもつい行ってしまう。

猫も堪能したので、本日のお宿和風旅館 華もみじさん。

えっっ?こんな所を入っていくの?というような道を半信半疑で登り、ようやくたどり着く。

出迎えて下さった方が、↑というようなことをおっしゃる。
でも、だからこの景色なんです、と。
阿蘇の外輪山の中腹にあり、阿蘇五岳を臨む雄大な景色。

美味しいお料理と、温泉、部屋から見る雄大な風景。

旅館から見た朝日
もう大満足でした。

3日めは大観望→草千里→中岳火口→葉祥明美術館と廻る。

大観望から見る景色
大観望、その名の通り阿蘇の雄大な景色を満喫できる。どの方角を見ても山、また山。




ちょっと高い所から見た草千里と中岳火口
草千里と中岳



火口へ行く途中の風景



昨日上空から見た火口

葉祥明美術館では「虹の橋」というタイトルの絵本を購入。
小さい家族が自分よりも先に逝ってしまっても、虹の橋のたもとであなたが来る時を待っているんだよ、というお話。作者は読み人しらず。
立ち読みしただけでも涙が出る。



葉祥明さんを知ったのは10代後半。
その頃に見た作品の中に草千里で草をはむ馬の絵があった。
1度は行ってみたいと思っていた、その地へ行けて本当に良かった。





お料理の写真も沢山撮ったんですけど、まとめてドンと載せる方法が分からないの。
ご存知の方がいらしたら教えて下さい。
(小さい写真をカッコよくまとめるやり方です)←意味わかんねとか言わないでね。

どちらかお一つポチッとしてくださるととても嬉しいです~

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村