我が家でのんびりと暮らす猫達との日常と、趣味いろいろのブログです。
2018年05月23日 (水) | 編集 |
今日は文楽の第1部へ行ってきました。

第一部(午前11時開演)

本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)
 桔梗原の段

吉田幸助改め五代目吉田玉助襲名披露
口上
 景勝下駄の段
襲名披露狂言
 勘助住家の段

義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
 道行初音旅



本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)は以前2014年2月に『十種香・奥庭狐火の段』を観ましたが、今回はその前の段にあたります。

乱暴で無法を働く兄と親孝行な弟とその妻、母は孝行な弟よりも兄に甘く不思議に思っていたら、そこには訳がありました。

いまだ初心者のつもりで予習なしに文楽を観に行くので初めて観る演目は「あらまあ、こんなことが」、「え、そんななの」、と楽しんだり驚いたり。
今回も「えっ?そうだったの!」というストーリー展開にビックリ仰天いたしました。

ただですね、お昼休憩を挟んだ演目はいけませんね。
コックリしてしまいました、ごめんなさい。



今回は吉田幸助さん改め五代目吉田玉助襲名披露の公演なので劇場ロビーにはお祝いの酒樽やご祝儀、お花が沢山。


20180523no1.jpg




20180523no2.jpg
昨年12月に観たひらかな盛衰記(ひらがなせいすいき)に「笹引の段」がありますが、左側の絵はその様子を描いた物です。




義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
 道行初音旅

こちらは景事です。
太夫さんと三味線さんが舞台にズラリとお並びになり、その前で人形遣いさんが演技します。
背景の満開の桜と太夫三味線さんの身につけている裃が桜を上回る濃いピンク色で華やかに舞台を盛り上げていました。
そして何より勘十郎さんが遣う狐が楽しい~
狐の時は真っ白の肩衣に狐火が描かれていますが、狐から忠信に変わるときに着ている着物一式も早変わりで変えてしまいます。
狐が出てくる演目はテンション上がります(笑)








どちらかお一つポチッとしてくださるととても嬉しいです~

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
nobi8nさん

文楽は小劇場ですが、大劇場はもっと沢山の絵が掛かっています。
休憩時間にブラブラと見るのも楽しいですよ。
胡蝶蘭も綺麗でした。


2018/05/24(Thu) 09:44 | URL  | miki #-[ 編集]
こんにちは。

文楽に行ってこられたのですね!
素敵な絵も飾ってあるのですね!
そして、見事なお祝い?の胡蝶蘭にもビックリです。
2018/05/24(Thu) 00:49 | URL  | nobi8n #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック