我が家でのんびりと暮らす猫達との日常と、趣味いろいろのブログです。
2018年10月24日 (水) | 編集 |
今日は国立劇場の歌舞伎へ行ってきました。


演目は


「通し狂言 平家女護島(へいけにょごのしま)」


俊寛という名前を聞いたことあるかもしれませんが、その話です。

女護が島



<nyogo.jpg
クリックで大きくなります。



内容はともかく(えっ?)芝翫さんの熱演でした。

なぜ、内容はともかくなのかというと、一緒に行った姉とも意見が一致したのですが、清盛を亡き者とする計画し島流しになったのに、恩赦がないと知り取り乱し泣き叫ぶ、その姿が女々しいよ、ということです。
まあそれを言っちゃあ芝居にならんでしょ、という話ですが。
島流しになるということは都の暮らししか知らない僧やお公家さんにとっては耐えがたい事だったのでしょうね。
まして鬼界ケ島ですから。
島に残ると決めた俊寛の優しさや苦悩を芝翫さんが啼き叫びもだえ、熱演されていました。




どちらかお一つポチッとしてくださるととても嬉しいです~

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック