FC2ブログ
我が家でのんびりと暮らす猫達との日常と、趣味いろいろのブログです。
2018年10月29日 (月) | 編集 |


三上 延

メディアワークス文庫


ビブリア古書堂の事件手帖扉子と不思議な客人たち


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ある夫婦が営む古書店がある。鎌倉の片隅にひっそりと佇む「ビブリア古書堂」。その店主は古本屋のイメージに合わない、きれいな女性だ。そしてその傍らには、女店主にそっくりな少女の姿があったー。女店主は少女へ、静かに語り聞かせる。一冊の古書から紐解かれる不思議な客人たちの話を。古い本に詰まっている、絆と秘密の物語を。人から人へと受け継がれる本の記憶。その扉が今再び開かれる。


栞子が娘扉子に聞かせるお客さんのサイドストーリーでやっぱり本にまつわるお話。
あの人この人のその後がわかる楽しくも切ないお話あり。


「栞子さんの本棚」という本も出ているみたいで、今まで登場した数々の本の抜粋らしいので早速図書館に予約。

今日手元に届きました。
明日から、これを読もう~




関連記事

どちらかお一つポチッとしてくださるととても嬉しいです~

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村



コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
鍵コメ様

ご連絡ありがとうございます。
そちらのブログにコメントさせていただいております。

よろしくお願いします。
2018/10/30(Tue) 07:40 | URL  | miki #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/10/30(Tue) 01:00 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック