我が家でのんびりと暮らす猫達との日常と、趣味いろいろのブログです。
2018年11月06日 (火) | 編集 |
昨日の続きです。


春に福島へ行った時に叔母から貰った紬の反物を仕立てました。
山形の叔母が福島の叔母へ送った反物ですが、福島の叔母はもう年だし大事にとっておいたけど、mikiちゃんにあげると言ってくれた物です。
20181104の7




201104の10
実際の色はこちらの方が近いです。撮す場所や光の具合によってこんなに色に違いが出るんですね。




山形の伝統工芸品で「置賜紬(おいたまつむぎ)」と言います。
繭を作ってくれる方も少なくなり、織手さんも少なくなり、置賜紬の様に各地の名産品が希少になっています。
この置賜紬も以前から気にはなっていましたが、お高くて手が出ませんでした。
今回叔母から貰うことが出来て、本当に幸運でした。
2人の叔母の心の籠もった着物、大切に着たいと思います。



20181104の11
先日締めた帯をあわせてみました。ちょっとたれ先の赤が強い気もしますが、これも実際に見ると所々に黒系の赤が入っていてこんなに明るくは感じません。


次回はこの組み合わせで着たいなぁ~








どちらかお一つポチッとしてくださるととても嬉しいです~

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
おでぶにゃんこさん

あまりお役に立つ情報ではなくて申し訳ないです。
心配で気が気では無いですよね。
お気持ちお察しいたします。
良くなるように祈っています。


2018/11/07(Wed) 11:34 | URL  | miki #-[ 編集]
Re: タイトルなし
kirikaさん

とっても素敵な紬です。

織手さん自体が高齢化などで少なくなっているので、もう織れない柄などあるみたいです。
とても残念な事だと思います。

2018/11/07(Wed) 11:31 | URL  | miki #-[ 編集]
これはこれは素敵なお色ですね~
伝統工芸は継承者の育成も大切ですね


昨日は貴重な体験談をありがとうございました。
秋君もずっと元気がよかったから退院し抜糸もしたのでなぜ急にまた呼吸がしにくくなったのか原因がわかりません。

詳しい検査をするにはもう少し体調が回復するのを待つしかないようですが
先生はそこまでしなくても良いといわれます。

初めからこの先生を信じおまかせしたので今後も先生の指示に従おうと思います。

2018/11/07(Wed) 09:15 | URL  | おでぶにゃんこ #-[ 編集]
こんばんは

いいお色ですね~(^^)
素敵です。

紬、いろいろあるんですね!
代表的な紬くらいしか知らなくて・・・。

各地の伝統工芸は少しずつ少なくなってきているというのは聞いてますが、織る作業を見ていると、大変なものだよなぁ・・・と感じてます。
なくならないでほしい・・・と思います。
こういう風に紹介されているのを拝見して話題に上らせるのも一つの方法ですよね。
2018/11/06(Tue) 22:41 | URL  | kirika #-[ 編集]
Re: タイトルなし
nobi8nさん

光線って大事ですね。
実際はもっと素敵なんですよ。
着るのが楽しみです(*^_^*)



2018/11/06(Tue) 21:45 | URL  | miki #-[ 編集]
こんにちは。

光線の具合で、紫がかっているところと、
青いところとありますね!
上品な素敵なお着物!
鶴の柄の帯もとてもかわいいです。( *´艸`)
2018/11/06(Tue) 21:39 | URL  | nobi8n #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック