我が家でのんびりと暮らす猫達との日常と、趣味いろいろのブログです。
2018年12月07日 (金) | 編集 |

11月30日金曜日は獣医さんへ行って2週間分のお薬を貰い普通に過ごしていたのに。

12月1日土曜日もおさしみや焼カツオなど美味しい美味しいと食べていたのに。

12月2日朝は自分で動いてお薬も飲めたし、インスリンの注射もしてシリンジでお水も飲んだのに。

12月2日お昼くらいから、魂が飛んでしまいました。
目を開けたまま、反応が鈍くて手足が冷たくなって、そのまま逝ってしまうのではと思いました。

インスリンの注射による低血糖かとも思ったけど、反応をするので、様子見をしていたら数時間後に戻ってきました。

せっかく戻ってきても、フラフラでまっすぐ歩けないし、シリンジでの水分補給も好きなおやつも受け付けない。

お水を飲ませようとしても何かを食べさせようとしても口を開けなくて、いよいよお空へ旅立つ準備を始めた様子。

日曜日の午後から魂が飛んでは、しばらくしてこちらに帰ってきて、の繰り返し。

それでも月曜日はフラフラなりながらもトイレに行ったり、毛布が暑かったのか涼しいフローリングの所まで行って行き倒れたり。

段々と起き上がる力もなくなって、向きを変えたいのか手足を動かす。

たまに鳴く。

夜は隣でずっと一緒。

火曜日も仕事を休んでずっと一緒にいたのに、私が家事をやっている間に1人で逝ってしまった。

水曜日、火葬に行って今は我が家のリビングでみんなと一緒に過ごしています。



低血糖だったのか今となってはわかりませんが、人間は後悔するように出来ているので、低血糖だったら申し訳ない事をしたと思っています。
たらればの話になってしまうので考えても仕方ないけど、いつか来る日が火曜日だったと言うことで自分を納得させています。
土曜日にお刺身や焼かつおを沢山食べたので最後に好きな物をいっぱい食べられたのが救いかな。

麿が病気になってから何か食べられる物をと私が台所で他の猫に内緒で色々な物をやっていたので、いつもちんまりと座って待っている姿がもう見られないのは淋しいです。
邪魔だよ~と言いながら麿を避けて炊事をしていました。
もう避ける必要もないのね…

週に2~3回、麿が喜んでくれる何かを探して猫のフードやおやつを買っていたのに、それも必要なくなって、まだあげていないレトルトが沢山残ってしまった。

もっともっと食べて貰いたかったなぁ。





火葬でお世話になったのは今回初めて利用するペットセレモニーさんでした。
以前もえちゃんとゴロちゃんがお外で小鳩と遊んでしまい、その子を火葬してもらうために行った事があるセレモさんですが、個別火葬は初めてです。

以前お世話になったところは、焼き上がった熱々の骨を出して拾わせてくれたのですが、今回は冷めたらお出しします、と言うことでした。
なぜ、と思っていたら、焼き上がったお骨を頭の部分と胴体の部分に分け2つのトレーに載せて綺麗に並べてくださって、その綺麗さにビックリしました。

お別れ室も待合室も綺麗で、外には共同埋葬スペースもあります。

私は自分が死んだら散骨して貰いたいのでその時一緒に猫たちも連れて行くつもりで、今まで亡くなった子たちのお骨も家に置いてあります。

今いる子はちゃんと看取りお骨にして一緒に連れて行く、そのためには後15年以上は元気でいないとと思っています。




どちらかお一つポチッとしてくださるととても嬉しいです~

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
鍵コメさま

ありがとうございます。
猫神様に褒めて貰っているでしょうか。
だと良いなぁ~
猫神様の元で修行して我が家の猫たちの行く末を見守って欲しいと思っています。

2018/12/14(Fri) 16:56 | URL  | miki #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/12/14(Fri) 09:15 |   |  #[ 編集]
Re: タイトルなし
kirikaさん、お悔やみのお言葉ありがとうございます。

「幸せの音」、とても慰められました。
確かに私が発する日常生活の音の中で逝ったなら1人ではなかったのかなと思います。
人の最期も聴覚は最後まで残ると言われているのできっと聞こえていたかもしれませんね。
健康だった頃の体重の半分になってしまったので、とても軽い身体になったと思います。
フワフワ、くるくる、楽しく向っていればと思います。

2018/12/08(Sat) 11:08 | URL  | miki #-[ 編集]
麿くんのご冥福をお祈りいたします。

mikiさんがおうちにいるときに、いつも感じているように、台所の音を聞きながら逝ったのですね。
私には、それはとても幸せな音だったのではないかと想像いたします。

もう、痛いことも苦しいこともない軽くなった体で、ふわふわしながらお月さまに向かってるのですね。

mikiさんもお力落としのことと推察いたします。
寒くなりますので、お体お大事になさってください。
2018/12/07(Fri) 23:08 | URL  | kirika #-[ 編集]
Re: タイトルなし
woojyanさん、お優しい言葉ありがとうございます。

淋しいのですが、闘病1年半の間に危ないときもあって段々私の中に覚悟が出来ていたので「来るときが来た」という感じです。
手の掛からない子だったので今までで1番麿のことを見て考えて行動した闘病期間でした。
麿がそう思ってくれると良いなと思います。
2018/12/07(Fri) 21:46 | URL  | miki #-[ 編集]
麿くんの姿が見えなくなって淋しいですね…
でも心の中にはその姿がずっと消えずにあるはず。
麿くん、最期まで頑張ってましたね。
mikiさんが一生懸命お世話されていたこと、麿くんはとても感謝していると思います。
でも、どんなにお世話しても、やはり何かしら後悔は残ってしまいますよね。
今は悲しみと向き合いながら、じっくり時間をかけて昇華していってください。
2018/12/07(Fri) 19:49 | URL  | woojyan #O5sb3PEA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック